選択条件を保存できるブックマークの活用術

Pocket

Qlik Senseで分析を行う中で、よく見るデータや気付いた点を保存しておきたいことはありませんか?Qlik Senseのブックマークを使用すると、シート上の特定の選択条件を簡単に登録でき、他のユーザーへ共有できます。

今回は便利なブックマークについて紹介します。


目次

※本記事は「November 2020」の[SaaS]で作成しています。

ブックマークとは

シート上の選択条件を保存する機能です。

アプリ上で値を選択し、分析を進める中で
「よく使用する選択条件を保存したい!」
「別のユーザーにもこの条件でデータを見てほしい!」

ということはありませんか?
ブックマークを使用することで、特定の選択条件を保存でき、簡単に呼び出せます。
 

ブックマークの作成方法

値を選択したら、アプリの画面右上にある[ブックマーク]-[新規ブックマーク作成]をクリックします。


[ブックマークの追加]画面で任意の[タイトル]、[説明]を入力後、
必要なオプションを選択し、[追加]をクリックします。


【オプションの内容】
●[シートの場所を保存]にチェックを入れた場合:
ブックマークを作成したときに開いていたシートの情報が保存され、
ブックマークを開くとそのシートが開かれます。
●[レイアウトを保存]にチェックを入れた場合:
ブックマークにチャートのレイアウト、ソート、展開状態も保存されます。
作成したブックマークはブックマーク一覧から選択して利用します。


ブックマークの活用例(共有)

ブックマークは他のユーザーへ共有することも可能です。

ブックマーク一覧から該当のブックマークを右クリックし、
[公開]を選択すると他のユーザーへブックマークが公開されます。



公開したブックマークは[自分が公開したブックマーク]に表示されます。



他のユーザーから見ると、[コミュニティ ブックマーク]として表示されます。



公開したブックマークはURL(リンク)で他のユーザーへ共有することもできます。
ブックマークを右クリックし[リンクをコピー]を選択後、



[コピー]をクリックするとブックマークが適用された状態のアプリのURLがコピーされます。


ブックマークが適用された状態のアプリを見たい/見せたいという場合は
事前にリンクを共有しておくと、ブックマークを適用する手間が省けます。

より詳細な情報はヘルプに記載されていますので、併せてご覧ください。
ブックマークの作成

クラウド ハブでのアプリ概要(コミュニティ ブックマークなど画面上の名称について)
 

さいごに

今回はQlik Senseのブックマークについて、ご覧いただきました。
ブックマークに「最新年月」「今日」といった動的な値を設定したいという
ご要望もよく寄せられますので、今後紹介予定です。お楽しみに!